MacBook Airも充電できるモバイルバッテリー!CIOの「SMART COBY Pro」をレビュー

MacBookの充電ができるモバイルバッテリー
MacBook Airも充電できるモバイルバッテリー

客先やカフェなど外出先で仕事をすることもあるのがテレワーカー。

でも、出先スマホやPCの充電が切れてしまっては仕事になりませんよね。

テレ沼

今回は、そんな時に役に立つモバイルバッテリーの紹介です!

CIOのコンパクトで高出力なモバイルバッテリー「SMART COBY Pro」をレビューしていきたいと思います。

これ一つでiPhoneもMacBook Airも充電できるのでオススメのアイテムです!

メリットだけでなく、デメリットも紹介しているので、購入検討中の方の参考にもなれば幸いです。

この記事の内容

SMART COBY Proはコンパクトでハイパワーなモバイルバッテリー

SMART COBY Proのスペック

CIO SMART COBY Pro
  • サイズ:7.7×5.6×2.6cm
  • 重さ:183g
  • バッテリー容量:10000mAh(スマホ約2回分)
  • 最大供給電力:30W(PD対応のPCに充電可能)
  • 急速充電:対応(PD3.0)
  • サイクル回数:約500回
  • 端子:USB-C・USB-Aが各1発

クレジットカードサイズのコンパクトさでありながら、10,000mAh30Wという大容量高出力のモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーはどうしても重くなりがちなので、コンパクトであることは重要ですね!

CIOは大阪のスマホアクセサリーメーカー

株式会社CIO(シーアイオー)は2017年に創業したスマホアクセサリーのメーカーです。

モバイルバッテリー以外にも、充電器やケーブルなどを生産しています。

モバイルバッテリーや充電器といえば、Ankerさんが有名ですが、それに負けない「コンパクトで高出力」な充電器を次々に出している注目のメーカーですね。

CIO公式サイトはこちら

あわせて読みたい
【レビュー】CIOの充電器「NovaPort DUO 45W」は高出力でコンパクト PCとスマホを同時に充電できる充電器を探している人必見!この記事ではCIOの充電器「NovaPort DUO」をレビューしています。高出力でコンパクトなので持ち歩きようにおすすめ!この記事を読めば購入のメリットやデメリットも知ることができます。
充電アダプターもおすすめ

開封レビューをしていくよ!

ベージュで普通のパッケージ

いまいちブランドコンセプトが見えないパッケージ

パッケージは可もなく不可もなくといったもの。

以前購入したNovaPort DUOは白に紫のパッケージだったのですが、こちらはコンセプトが違うのでしょうか?

まあ、開封したら捨てるのでそんなに重要なポイントではありません。

本体とケーブルと説明書が入っています

ケーブルも入っているのは親切

箱を開封すると、本体とケーブル、説明書・公式LINEの案内が出てきました。

国内メーカーなので、当然日本語の読みやすい説明書です。

ケーブルが付属しているので、買ってすぐ使えるのはありがたいですね。(使わんけど)

ちなみに到着時は20%充電されていました。

サイズをスマホと比較してみてもその小ささがわかります。

次にサイズをチェックしていきましょう。

私の使っているiPhone SEと比較すると、コンパクトさがよくわかります。

高さと横幅はスマホの約半分、厚さもスマホ2個分くらいなので、カバンのポケットにも収まりそうです。

充電しながら操作する時って、逆の手でバッテリーを持っていることも多いので、コンパクトだと腕の負担が減って助かります。

重さはケース付きのスマホと同じくらいの体感です。

表にUSB-C、裏にUSB-A端子が一つずつ

ケーブルを挿すUSB端子は全部で2つ。

端子はUSB-CとUSB-A端子が1つずつ。

どちらか一方に2つあるのではなく、別々の方向にあります。

サイドにはパネルと電源ボタン

サイドパネル

本体の側面にはデジタルパネルと電源ボタンがあります。

パネルにはバッテリー残量が表示されるので、1%単位で減少量やスピードを把握することができます。

買ってよかったところ(メリット編)

①コンパクトなのに1000mAhの大容量!

左:前に使ってたモバイルバッテリー

以前使っていたAnkerの「PowerCore Essential 20000(写真左)」は大きさ15.8×7.4×1.9cm、重さ343g。

「SMART COBY Pro(写真右)」は大きさ7.7×5.6×2.6cm、重さ183g。

サイズ感はクレジットカードくらいのサイズ感です。

大きさは約1/3、重さは約1/2なので、カバンに入れた時の体感がかなり軽くなりました。

もちろん、20,000mAhと10,000mAhでは容量が違うのですが、10,000mAhあればiPhoneを約2回充電できますので、普段使いならコンパクトさを重視したいですね。

②MacBook Airも充電できる30Wの急速給電

MacBook Air充電中

コンパクトな充電器は世の中にたくさんありますが、スマホ用に特化したものが多く、供給電力が弱い傾向にあります。

「SMART COBY Pro」は最大30Wの電力供給が可能ですので、スマホの高速充電はもちろん、MacBook AirなどのPC、iPadなどへの電力供給も可能です。

これ一台で、スマホとPCの電池切れに対応できるのはありがたいですね!

これならコンセントのないコメダでも作業できます。笑

③2台同時充電、パススルー給電もできる

以外にこれ大事かも

USB-CとUSB-Aの2端子あるので2デバイス同時充電も可能です。

仕事用とプライベート用2台のスマホを充電したい時にも便利ですね。
※ただしケーブル端子はUSB-CとUSB-Aそれぞれ必要です。

また、充電器に充電しながら電力供給するパススルー充電も可能です。

今すぐにスマホを充電したいけど、モバイルバッテリーも充電しておきたい!

そんなわがままを叶えてくれますね。

※パススルー充電時は急速対応していないのでご注意ください。

④常に充電残量が確認できる

残量って心配の素

一般的なモバイルバッテリーはライトの点灯で残量を知らせてくれるものが多いですが、「SMART COBY Pro」はサイドにあるパネルに電池残量が表示されます。

  • 本体充電時:今どれくらい充電されているんだろう?
  • スマホ充電時:5%でどれくらい充電してくれるだろう?
  • PC充電時:何%くらいまで充電できそうかな?

そんなことがわかるだけで、スケジュールが立てやすくなったり、安心感があがります。

また、急速充電中は緑のアイコンが表示されるので、急速充電が行われているかも確認可能です。

ちょっと気になったところ(デメリット編)

基本的にとてもいい商品なのですが、あえて気になったところを上げていきます。

以下の点が気になるという人はご注意ください。

①パススルー時にUSB-Cデバイスを充電できない!

本体充電時に電力供給ができるパススルーという機能はとても便利です。

ただ、端子はUSB-CとUSB-Aが1発ずつしかありませんので、USB-Cケーブルで本体充電している時は、USB-A端子からスマホなどに電力供給しなくてはなりません。

2台同時充電も可能なモバイルバッテリーなので、どうせならもう一発USB-C端子があったら最高でした!(わがまま)

②充電中に光るので夜は眩しい

サイドにあるデジタルパネルは、残量が把握できるのでとても便利なのですが、充電中は常に点灯しているので、暗い部屋だと眩しく感じることがあります。

電源を押したりしてオフにできないか試みましたが無理でした。

泣く泣く上から囲いになるものを被せましたが、バッテリーって発火のリスクもあるので、ものを被せたりというのはあまりしたくないですよね。

③本体に手の油分がつきやすい

マットで高級感のある質感はとてもかっこいいのですが、若干手の脂が残りやすいです。

手で擦ればある程度消えるレベルですが、潔癖症の人は気になるかもです。

私はチープな質感になるくらいなら、コッチの方がいいかなという感じです。

④iPadやMacBookのフル充電は無理

10,000mAhと大容量ではありますが、さすがにiPadやMacBook Airをフル充電にすることはできません。

公式の情報では、iPad Pro 11インチなら約0.7回、MacBook Airなら約0.6回の充電が可能とのこと。

実際にiPadを充電してみましたが、充電切れの状態から50%ちょっと充電できたころで、モバイルバッテリーの残量が0%になりました。

大きく重たくなってもいいからiPadやMacBook Airをフル充電させたいという方は、20,000mAh以上のモバイルバッテリーを購入した方がいいかもしれませんね。

購入前の注意点「アダプターとケーブルについて」

「SMART COBY Pro」は本体充電時や電力供給時の高速充電に対応していますが、接続するケーブルや充電アダプターが高速充電に対応していなければ、その効果を発揮しません。

ケーブルは付属のものであれば問題ありませんが、新しく購入される方は、以下のような高速充電対応機種の購入をオススメします。

アマゾンセールで3,720円で購入!

keepaでの価格推移

SMART COBY ProのAmazonでの通常価格は4,378円です。

ただし、セール期間中などは4,000円以下になるので、直近でセールがある時はセール期間を待って購入するのが良いかもしれませんね。

先日のAmazonプライムデーの際には、3,720円になっていたのでほしい物リストから解放しました。(画像赤ライン参照)

これで出先でバッテリー残量を気にせず働ける!

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は、CIOのモバイルバッテリー「SMART COBY Pro」のレビューをしてみました。

出先でPCやスマホの充電がなくなってしまうと仕事にならない、でも大きくて重たいバッテリーは持ち歩きたくない。

そんな方にはかなりオススメなアイテムです!

この記事がモバイルバッテリーをお探しの方の参考になれば幸いです。

今回紹介したモバイルバッテリーはこちら

SMART COBY Pro
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • MacBook Airも充電できる
  • 30Wとハイパワーだからスマホも急速充電可能
  • 10,000mAhと大容量なのにコンパクト
デメリット
  • 本体充電中にUSB-Cから充電できない
  • パネルが光るので夜眩しい
  • 脂が目立つ
  • さすがにMacBookのフル充電は無理
MacBookの充電ができるモバイルバッテリー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容