Zoomのウェビナーで動画の音声共有ができない時の解決方法

ウェビナーで動画を共有する方法
ウェビナーで動画の音声共有

テレワーク・リモートワークが一般的になり、仕事でウェビナーをする機会も増えたという方も多いのではないでしょうか?

今回は、Zoomウェビナーで動画共有ができない時の原因と解決策を解説していきます。

明日大切なウェビナーなのに動画共有ができない!解決方法がわからない!

テレ沼

そんなテレワーカーさん・リモートワーカーさんの役に立てば幸いです。

上手に動画を活用して、魅力的なウェビナーにしていきましょう!

※この記事は一部PRを含みます。

>
目次

Zoomウェビナーで動画を共有する方法

「音声共有」にチェックを入れて共有動画を選択するだけ

STEP
共有したい動画を立ち上げる
動画をスタンバイ
動画をスタンバイ

ウェビナーが始まる前に、動画を再生できる状態にします。

ファイルを開いて0:00で一時停止、全画面表示にしておきましょう。

STEP
Zoomウェビナーを始めたら「共有」をクリック
Zoomで動画を共有
共有をクリック

ウェビナーが始まり、動画を流したいタイミングになったら、スライドを共有するのと同じく、画面下の「共有」をクリックしましょう。

STEP
「音声共有」にチェックを入れる
音声の共有を選択
左下にチェック

共有するウインドウやタブなどの選択画面を開いたら、左下にある「音声を共有」にチェックを入れます。

このチェックを忘れると、参加者は無音で動画を見ることになるのでご注意を。

STEP
共有する動画を選択して「共有」をクリック
共有する動画の選択画面
動画ウインドウを選択するだけ

チェックが入ったことを確認したら、選択肢の中にある動画コンテンツを選択して「共有」を押します。

これでウェビナーの参加者には、動画のウインドウが共有された状態になります。

STEP
動画を再生する
動画の再生
動画を再生するだけ

最後に一時停止している動画を再生すれば、映像と音声が参加者に共有されます。

動画共有の際の注意点「ビデオクリップに最適化」とは?

ビデオクリップに最適化
ビデオクリップに最適化とは?

動画を共有する際にチェックを入れた「音声を共有」の隣にある「ビデオクリップに最適化」。

これは、動画がゲスト側でもカクカクせずにスムーズに再生される機能です。

動画を低解像度に圧縮してZoomで共有することで、視聴者側でのカクツキを防いでくれます。

ただし、低解像度にすることで、文字がつぶれる可能性もあるので注意が必要です。

「音声共有」や「ビデオクリップに最適化」にチェックを入れられない時の原因と解決方法

音声共有ができない原因と解決方法
どちらも選択できない!

動画を共有しようと思い、「音声を共有」や「ビデオクリップに最適化」を押そうとしたら、チェックボックスがグレーアウトされてクリックすることができないということがあります。

ここではその解決方法を解説します。

原因は「複数の参加者が同時に共有可能」に設定されているから

複数の参加者が同時に共有可能
これが原因

音声共有にチェックが入らないのは、共有設定が原因です。

共有設定を「複数の参加者が同時に共有可能」としていると動画の音声共有ができません。

「複数同時に画面共有」をオフにする方法

同時に1名の参加者が共有可能に設定
こうすれば解決!

「複数の参加者が同時に共有可能」をオフにするためには、ホスト側で共有設定を変更する必要があります。

画面下の「共有」の右にある「^」をクリックすると3つの選択肢が現れます。

音声共有をするためには「同時に1名の参加者が共有可能」に設定変更をすると解決します。

ただし、この設定にしている時は、ホスト以外が画面共有することができませんので、ホストに動画を預けておくようにしましょう。

また、動画の共有が終わったら「複数の参加者が同時に共有可能」に設定を戻すこともお忘れなく。

動画を活用して魅力的なウェビナーにしていこう

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は「Zoomのウェビナーで動画を共有する方法」ということで、共有方法やそれに関わるトラブルシューティングの解決方法をご紹介しました。

ウェビナーでの動画共有は、セミナーに緩急をつけられるだけでなく、登壇者の休憩タイムにすることができるので、上手に活用して魅力的なセミナーにしていきたいですね。

この記事がウェビナーを頑張るテレワーカー・リモートワーカーの参考になれば幸いです。

>
ウェビナーで動画を共有する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次