電子書籍のメリット3選|Kindle PaperWhiteを買えば読書が捗る

電子書籍のKindle PaperWhiteをレビュー
電子書籍のメリット

こんにちは、テレ沼です。

このブログでは、テレワークを楽しく快適にしたい人に役立つ情報を配信しています。

今回はガジェットレビューの回。

先日のアマゾンプライムセールで
電子書籍Kindle PaperWhiteを購入しました。

購入してまだ数日ですが、さっそく第一印象レビューをやっていきたいと思います!

  • 紙より電子書籍の方がいいのか悩んでいる
  • 電子書籍(Kindle)って買うメリットあるの?
  • 電子書籍が欲しいけど何を買ったらいいかわからない!

そんな方の参考になれば幸いです!

この記事の内容

購入した電子書籍はKindle PaperWhite

今回私が購入したガジェットは

アマゾンの電子書籍である
Kindle PaperWhite(キンドルペーパーホワイト)

アマゾンの電子書籍Kindle内の電子書籍を読むことができ、紙で買うよりお値打ちです!

ちなみに購入したのは、「32GBの広告ありver」です。

容量は8GBと32GBの2種類、広告は「あり」と「なし」を選ぶことができます。

それによって値段が数千円レベルで変化します。

詳しくはこちら↓↓↓

Kindle Paperwhite (8GB) 

プライムセール特化ということで、通常15,980円するのですが、8,980円で購入できました

テレ沼

この値引き額を知ってしまうと通常価格で買えません。

電子書籍を購入するきっかけ

私も以前は紙の本派の人間でした。

なぜなら「目が疲れそうだから」

普段からスマホを使い、仕事ではPCをたくさん使い、オフの時間もこうしてPCを使っていると目の疲れが相当なものになります。

目を休ませてあげる意味で紙の本派だったんです。

(本当に休ませたいなら本すら読まない方がいいんだけど、、、)

比較的読書が好きで、よくアマゾンで購入していたのですが、段々こんなことを思うようになりました。

  • 重い本を持ち歩くのがつらい
  • 複数並行で読みたいな
  • 電車の中で読みやすい方がいいな
  • 本の置き場が無駄だなあ
  • 気になる本はすぐに読みたい

これくらいのこと特に悩みというほどではないのですが、以前から「電子書籍って便利なのかな?」と興味はあったのです。

そんなタイミングで、偶然にもアマゾンのプライムセール。

しかも9,000円以下で購入できるじゃありませんか!

こんな経緯があってKindleの購入を決意しました。

紙の本より電子書籍の方が便利なの?

アマゾンで注文した翌々日。

念願の電子書籍Kindle PaperWhiteが到着しました!

箱はこんな感じ↓↓↓

電子書籍Kindle PaperWhiteのメリット

結論からお話しすると「買ってよかった!電子書籍最高!」です!

なぜ今まで紙の本に固執していたのか?という感じです。

いつでもどこでも読書ができる幸せを感じます。

では、具体的にどんなところが良かったのかご紹介します!

電子書籍(Kindle PaperWhite)の購入メリット3選

では電子書籍(Kindle PaperWhite)を購入したメリットを厳選してご紹介いたします!

メリット①とにかく軽い!

電子書籍Kindle PaperWhiteのメリット
端子はmicro USB

一番のメリットはとにかく軽いことです。

薄さ8.18mm、重さ182g。

スマホよりも軽く感じます。

縦幅は11.6cmと文庫本くらいのサイズで、厚みはiPadくらい。

なのでカバンのスペースは全く取られません。

紙の本のように両手で操作する必要もなく、片手で操作しても腕が疲れることはありません。

この軽さとコンパクトさによって、カバンの重量を減らすこともできました!

本の読み方には「一冊集中タイプ」と「同時並行タイプ」の2種類のタイプがあるそうです。

私も「同時並行」をやりたかった!

ただ、紙の本は荷物が多くなるので断念していたのですが、これからは同時並行読書できるようになりましたね。

メリット②どこでも読書ができる!

電子書籍のおすすめ
軽くて目に優しい

片手で操作できるので、人の多い電車の中でも周りに迷惑をかけずに読めます。

その他にも防水機能が付いているので、お風呂の中でも読書が楽しめます。

睡眠の質を上げるために、湯船に浸かるようにしているのですが、湯船の中ってあんまりやることがないんですよね。

読書もできて睡眠の質もあがって、血行もよくなる

私にとっては良いことづくめです。

寝る前にもそのまま寝室で読書タイム。

目に優しいライトになっているそうで、寝る前にスマホ使わなくても済みます。

メリット③本が家を占拠しない!

電子書籍Kindle PaperWhiteのメリット
本を勝手にカテゴライズしてくれます

本を月に数冊購入すると、どうしても家のスペースを取られてしまいます。

紙の本は売ることもできるんですが、メルカリなどに出品するのも、TSUTAYAなどに持っていくのもめんどくさい。

売れたとしても10円20円の世界だったりするので、時間を無駄にしてしまう感覚があって、どんどん家の中に溜まってしまうんですよね。

その点、電子書籍なら購入数が増えても占有スペースが変わりません。

32GBなら7,000冊以上端末に入れておけるそうです。

朝の通勤はビジネス書を、ランチ後の休憩は漫画を、帰りの電車は小説を。

そんな過ごし方だってこの端末一つで完結!

紙の書籍なら全部持ち歩かないといけないですからね。

結論:購入して本当によかった!

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は私がKindleを購入してみて感じた電子書籍のメリットをご紹介しました。

ちょっと読みたいときに、サッと取り出せて読めるのは本当に便利!

普段のインプットやエンタメが捗りますね。

今後、しばらく使ってみて、「使用後○ヶ月レビュー」なんてのもやってみたいと思います。

その時は電子書籍のデメリットなんかもあるんでしょうか?

電子書籍やKindle PaperWhiteの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

今回紹介した商品はこちら↓↓↓

Kindle Paperwhite (8GB) 

電子書籍のKindle PaperWhiteをレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容