違いを徹底比較!GrowSpica EliteとGrowSpica Pro

Grow Spica EliteとProの違い
GrowSpica Eliteの違い

この記事では、RasicalのエルゴノミクスオフィスチェアGrowSpica EliteGrowSpica Proの違いについて、実際に2種を使った筆者が比較解説しています。

この記事はこんな方におすすめ
テレコアラA

GrowSpica EliteとGrowSpica Proって何が違うの?

テレコアラB

パーツがシルバーになっているみたいだけど、それ以外には何も変わらないのかな?

ホリ

そんな方のために、2つを使い比べた私がユーザー目線で違いを解説していきます!

GrowSpica EliteGrowSpica Proは約2万円ほど値段が違いますが、一体何が違うのでしょうか?

Eliteに2万円多く払う価値はあるのでしょうか?

この記事では、そんな疑問を解決するお手伝いをしていきます。

筆者の結論

以下の違いがあるため、2万円多く払う価値があると感じました。

  • シルバーパーツで高級感がある(埃が目立たない)
  • 座面下に埃が溜まりにくい形状になっている
  • アームレストが肘からしっかり支える構造になっている

\クーポンコード「ZJSJZG99PI」で3,000円割引/

※この記事はメーカーから製品提供を受けて作成しており、アフィリエイトリンクを含みます。

この記事の内容を簡単にまとめると

GrowSpica Eliteとは?

elite

GrowSpica EliteはRasicalが開発・販売するエルゴノミクスチェア。

69,825円という価格の安さと高機能なスペックによるコストパフォーマンスの良さが人気のGrowSpica Proのアップグレードモデルです。

あわせて読みたい
GrowSpica Proのレビュー|メリット・デメリットを徹底解説 この記事ではRasicalのオフィスチェア「GrowSpica Pro(グロウスピカプロ)」をレビュー、実際に使ってみてわかったメリット・デメリットを紹介しています。7万円以下のオフィスチェアならこれ間違いないエルゴノミクスチェア。コスパ重視でオフィスチェアを選びたい人におすすめです。
リクライニング

Eliteの価格は89,800円(税込)とGrowSpica Proに比べると2万円ほど価格が高くなります。

簡単に言うと「パーツが金属になった」という違いなのですが、他にも少し違った部分があります。

この記事では、GrowSpica EliteGrowSpica Proを両方使用した私が2つの違いをユーザー目線で解説していきます。

GrowSpica EliteとGrowSpica Proの違い

外観の印象を比較

外観の印象はEliteになるとブラックパーツがシルバーのアイアン素材になります。

Ptoと比べるとスッキリとした印象になりますね。

こちらは横からのアングル。

遠目から見るとシルバーになった以外はあまり違いがわかりません。

フットレストを出してフルリクライニングするとこんな感じです。

機能や形状に関してはあまり大きな違いがないことがわかります。

ホリ

では、どのようなところが変わっているのか細かく解説していきます。

GrowSpica EliteのProとの違い
  1. Eliteは脚・背面・アームがシルバー(金属)になっている
  2. 座面横の調整レバーの位置と形状
  3. 埃が溜まりにくく、目立ちにくくなった

①脚・背面・アームがシルバー(金属)になっている

大きな違いはパーツがシルバーになっていること。

Grow Spica Proはプラスチック素材だったのに対してシルバーのアイアンになっています。

背面のラインもシルバーになっているので、全体的にシュッとした印象になっています。

②座面のレバーの位置と形状

座面横にある調節レバーの位置が変わっています。

Grow Spica Proは座面前方にレバーがあったのに対して、Eliteは座面後方に移動しています。

主張は控えめになって良いのですが、操作性はGrowSpica Proの位置の方が良かったかな。

この形式になったことで、座面横のデザインも違いますね。

露出していたケーブルも見えなくなっています。

レバー

Grow Spica Proのレバーはシルバーだったのに対して、Eliteはプラスチックのレバーに変わっています。

操作の方法はProと同じで、前が座面の前後調整、後ろに倒すとリクライニング調整、上に上げると座面の上下が昇降します。

Proと違うのは、座面を前方にした状態で座面から体を離すと自動で最後部に戻るようになっている点。

Proは後ろに押さないと後ろにスライドしなかったので、これは結構便利。

③埃が溜まりにくく、目立ちにくい形状になった

GrowSpica Proの座面下は、1枚のプラスチックになっていますが、メッシュの下ということで埃が溜まりやすくなっていました。

GrowSpica Eliteでは、座面ベースの構造が変わっており、座面の上から透けて見える床面積が広いです。

つまり、埃の受け皿になる面積が少なく、掃除が楽ということになります。

また、GrowSpica Proは座面後ろのフレーム部分に埃が溜まりやすくなっていたのに対して、Eliteでは受け皿になってしまう部分がなくなっています。

テレコアラB

シルバーになったことで、埃が目立ちにくいというのもありがたいです。

④アームが後ろに配置され肘全体を支えてくれるようになった

GrowSpica Proに比べるとEliteはアームの位置が奥まっています。

Proの時は後ろにもたれかかった時に、肘を支えることができなかったのですが、Eliteではそれが解消されています。

また、アームレストの前方がデスクに当たることもかなり減ったように感じました。

テレコアラB

Proの時に「肘も支えてくれたら…」と思っていたので、これは嬉しい。

デスクに設置した時の雰囲気の違い

デスクにセットするとかなり印象が違いますね。

Eliteの方がスッキリした印象ですが、Proは黒デスクへの馴染みがいい印象。

これは好みやデスクの雰囲気に寄りそうですね。

側面から見てもシルバーであることでスタイリッシュになった印象です。

アームレストが後ろに移動したことで、デスクとの干渉も緩和されています。

まとめ|デザインが好きならEliteがおすすめ!

側面からのElite

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回はGrowSpica EliteGrowSpica Proの違いについて解説していきました。

全体的な機能としてはProで完成された印象だったのて、Proでも問題なく使用できるのですが、Eliteは痒いところに手が届いたという印象です。

今回紹介した違いに対して2万円の価値があると感じた方はEliteを、無いと感じた方はProで十分と言えるでしょう。

この記事がGrowSpicaの購入の参考になれば幸いです。

\クーポンコード「ZJSJZG99PI」で3,000円割引/

この記事の内容を簡単にまとめると