【レビュー】Ankerの極太USB-Cケーブル「PowerLine III Flow」

USB-cの充電ケーブル
PowerLine III Flowのレビュー

高速充電に対応した充電ケーブルが欲しい!

断線の心配がないiPhoneケーブルが欲しい!

巻きぐせのつかないMacBook用のケーブルが欲しい!

テレ沼

MacBookやiPhoneの充電ケーブルでこんなことを思ったことはありませんか?

今回は、そんな方におすすめのUSB-Cケーブル、Lightningケーブルをご紹介!

Ankerの「PowerLine III Flow」をレビューしていきます!

この記事の内容

紹介するAnkerの充電ケーブルは「PowerLine III Flow」

今回ご紹介するのは、充電器でお馴染みのAnkerさんから発売された充電ケーブル「PowerLine III Flow」です。

MacBookやiPhoneの充電には欠かせない充電ケーブル。

適当に安いものを購入してしまうと、電力が足りなかったり、すぐに断線したり、巻きぐせがついてしまったりと、がっかりさせられる経験も多いのではないでしょうか?

そんなAppleユーザーにピッタリな高出力対応、極太で耐久性の高い充電ケーブルです!

MacBookに使える「USB-C & USB-Cタイプ」

最大100Wの電源供給にも対応している充電ケーブル。

充電器が高出力に対応していても、ケーブルが対応していなければ意味がありません。

ハイパワーな充電器を購入した時は一緒に購入しておきたいガジェットです。

シリコン性の極太ケーブルなので、断線しにくく、絡まないので出先での使用も快適です。

iPhoneに使える「USB-C & Lightningタイプ」

最大20Wの急速充電に対応、シリコン素材のケーブルのため、持ち歩いても絡みにくいというメリットがあるiPhoneケーブルです。

職場や出先で充電がなくなったことに気付いて、充電しようとしたのに、ケーブルが絡まってイライラ。

そんなストレスから解放してくれます。

実際に買って使ってみたのでレビューしてみた

充電ケーブルの入った箱

実際に「PowerLine III Flow」を2種類購入してみたので、開封していきます。

左がMacBook用のUSB-C、右がiPhone用のLightning端子です。

実はMacBook用は持ち歩き用の2本目です。

シンプルでおしゃれなデザイン

充電ケーブル

開封するとシンプルで高級感のあるケーブルが現れました。

ケーブルの長さは1.8mか0.9mが選べますが、今回は両方とも持ち歩き用なので0.9mを選びました。

見てわかるとおり、極太です。

唯一のデメリットはケーブルバンドの色がダサい

ケーブルバンド

黒の極太ケーブルにピンクゴールドの端子が所有欲を満たしてくれます。

ただ、シリコン製のケーブルホルダーは黒かグレーが良かったですね。

これが唯一のがっかりポイント。

でもまあ無いよりは全然ありがたいですけどね。

シリコン製なので、伸縮性があって便利。

膨張色と比較してもこの太さ!

太いケーブル

以前使っていたアンカーの充電ケーブルと比較してみると、結構太さの違いがわかりますね。

黒なので、細く見えるはずなのですが、それでも太い。

ケーブルは太い方が安心感があります。

25,000回の折り曲げにも耐える耐久性とシリコン製ならではのしなやかさ。

巻いた状態でガジェットポーチに入れておいても癖がつきにくいのは嬉しいですね。

絡みにくい材質なので、使おうと思ったら絡まってイライラというストレスも無くなります。

高出力充電器と相性抜群のデザイン

充電器とケーブル

最大100Wの急速充電にも耐えられるので、最近進化が止まらない高出力充電器とセットで購入したいところ。

自宅用の「PowerPort III 2Port」と繋いでもデザイン製がバッチリですね。

デスク裏にあるので見えないですけど。。。

充電器にケーブルを挿した

「PowerPort III 2Port」は名前の通り2つのポートがあるので、MacBook用とiPhone用と同時充電にも対応することができました。

以前のiPhoneケーブルはどれもUSB-A端子だったので、USB-Cデビューすることができました。

充電器1個で外出できるのは、荷物が減って嬉しいですね。

あわせて読みたい
クラムシェルモードなら65W充電器が必要!「Anker PowerPort III」のレビュー MacBookをクラムシェルモードで使用している人必見!この記事ではAnkeの65W充電器「PowerPort III」をレビューしています。実はUSBハブに電力を取られていることをご存知でしょうか?この記事を読めば最高のパフォーマンスに必要な電力供給環境を構築できます。

MacBookやMX Keysとも統一感抜群でアガる

Macbook-Air

MacBook側の接続時も映えるケーブル。

MacBookのスペースグレーやLogicoolのキーボード「MX Keys mini」のグラファイトカラーにも相性抜群でテンション上がります。

さりげないピンクゴールドの端子もかっこいいですね。

iPhoneも心なしかカッコよく見えるマジック

iPhoneの充電ケーブル

今までLightningケーブルは全て白色でしたが、これを機にオールブラックデビュー。

iPhone本体がブラックなので、なぜ今までブラックにしなかったのか謎です。

スマホのケーブルは毎日抜き差しするので、極太ケールだと安心感があります。

毎日使うケーブルだからこそ、良いものを使いたい!

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回はAnkerの充電ケーブル「PowerLine III Flow」をレビュー。

実際に使ってみた感想をご紹介しました。

今や充電ガジェットの帝王であるAnkerさん、充電の質はもちろん、デザイン性やUIもかなり考えられている高コスパ商品ですね。

私も思わず持ち歩き用の2本目を購入してしまうほどオススメの一本です。

充電ケーブを検討中の方は買って損はしないはずです!

今回紹介したUSB-Cケーブルはこちら

あわせて読みたい
クラムシェルモードなら65W充電器が必要!「Anker PowerPort III」のレビュー MacBookをクラムシェルモードで使用している人必見!この記事ではAnkeの65W充電器「PowerPort III」をレビューしています。実はUSBハブに電力を取られていることをご存知でしょうか?この記事を読めば最高のパフォーマンスに必要な電力供給環境を構築できます。
あわせて読みたい
神対応のAnkerサポートと公式サイトで購入するメリット この記事ではAnkerのサポートと公式サイトで購入するメリットを解説しています。コスパの高いガジェットで人気のメーカーですが、サポートの良さも魅力の一つ。実は公式サイトで購入するとサポートが延長してお得になることをご存知でしょうか?デスクの上がAnkerガジェットでいっぱいの筆者が実体験からご紹介します!
USB-cの充電ケーブル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容