神対応のAnkerサポートと公式サイトで購入するメリット

アンカーのサポートが神対応
Ankerのサポートは神対応だ

こんにちは、テレ沼です。

このブログでは、「テレワークを楽しく・快適に」をコンセプトにガジェットレビューやテレワーク飯、週末副業などについて実体験を配信しています。

今回のテーマは「Ankerの神サポート」について。

安くて高品質なガジェットメーカーとして人気のAnker。

商品コストパフォーマンスの高さが注目されがちですが、サポートの対応が神と根強いファンが多いことも特徴的です。

今回は、そんなAnkerサポートの凄さと公式サイトで購入するメリットをご紹介します!

この記事の内容

実体験!Ankerサポートの神対応

①そもそも18ヶ月の長期保証

Anker製品の保証期間は18ヶ月。

充電器やケーブル、イヤフォンなど、壊れやすい小物ガジェットが多い中でここまでの長期保証は嬉しいポイントです。

長い間使用していると保証書をなくしてしまって保証が効かないということもありがちですが、Ankerのサポートはアマゾンの注文番号を伝えるだけで対応してくれるので、安心して使うことができます。

保証書をクローゼットの奥から探す大仕事がないのは本当に助かる。

②サポートの対応が超紳士的

Anker製品は製品の不良があればすぐに交換対応してくれます。

普通のメーカーは「接続はちゃんとしてますか?」「操作は間違ってないですか?」などとヒアリングを繰り返して交換しなくていいようにコミュニケーションを取ってきますが、あれって本当にめんど臭いですよね。

交換したくないって気持ちはわかるんですよ。わかるわかる

けど、こっちは調べて試した結果ダメだったから連絡するんですよね。笑

その点、Ankerのサポートさんは、解決策の情報と同時に「それでも直る様子がなければ、交換品を手配しますので、注文番号と送り先を返信してください。」と1通目の返信から対応してくれます。

「え?もう少し疑わなくて大丈夫なの?」と心配になる。

この寛容さを悪用する人もきっといるでしょうが、私はモラルある大人であろうといつも思います。

③交換対応スピードが爆速な上に送料も無料

交換するための注文番号と送り先を返信すると、翌日には代品を発送してくれるのにはいつも驚かされます。

普通は、こちらの不良品を発送してから代品を送ってもらうことが多いですが、その発送もなく商品を送ってくれます。

そのままトンズラされる可能性だってあるのに、ユーザーを信じる心にちょっと感動。

しかも、返品用の送料はAnkerが負担、送り状まで郵送してくれます。

代品をすぐに届けるためなのか、返送用の送り状は別送で届くので、その辺の段ボールに返品商品を入れて郵便局に持って行くだけでOKとの手軽さ。

感謝しかないですね。

Anker Japan公式サイトから購入するとサポートが更に充実

Ankerの製品はAnker Japanの公式サイトから購入すると、特典やサポートが充実するのをご存知でしょうか?

Amazonで人気のガジェットメーカーですが、実は直販も頑張っているんですね。

公式サイトから引用した公式サイトで購入するメリットをまとめてみました。

Anker Japan 公式サイト
https://www.ankerjapan.com/pages/membership

①製品の保証期間が18ヶ月+6ヶ月延長

Anker Japanの会員登録をすることで、6ヶ月サポートが延長されます。

通常の18ヶ月保証でも十分すぎるというのに計24ヶ月。

2年使い倒して壊れても誰も文句は言わないよね。

壊れてもきっと、僕はAnker製品を買う。

製品に自信があるのか、顧客をガッカリさせないという職人魂なのかはわかりませんが、こういうポリシーは応援したくなりますね。

②1〜5%の還元率でポイントが貯まる

Anker Japan公式サイトに会員登録すれば、いつでも1〜5%のポイント還元が受けられます。

Amazon等でのポイント還元は、通常1%程度。

プライムセールなどで購入しても最大5%程度。

私の場合、アマゾンカードを持ってないのでセールでも3%しかつきません。

セール時期じゃなくてもポイントを多めに還元してくれるのは嬉しいですね。

③定期的にお得なクーポンが届く

Anker Japanの会員登録をしておけば、定期的にクーポンがメールで届きます。

このクーポンを活用すれば、ポイント還元以上にお得に商品を購入できます。

充電器、イヤフォン、スピーカー、マイクなど。

Anker製品は幅広いので、とりあえず登録しておいても損はないですね。

そんなこんなで、ガジェットはAnker製品ばかりになった

商品のコストパフォーマンスに加えて、圧倒的なサポート対応の良さ。

すっかりAnkerファンになってしまったので、気づけば10種類以上のAnkerガジェットがデスク周りに常にある状態です。

今日はその一部をご紹介した記事を一気にまとめてご紹介します!

①ワイヤレススピーカー「Soundcore 3」

テレワークのスピーカー

20cm以下のコンパクトでパワフルなワイヤレススピーカー。

デスクの上に置いても場所を取らず、映画も十分に楽しめるパワフルなサウンドが5,000円程度で楽しめます。

あわせて読みたい
テレワーク中の音楽を安く高音質に楽しめるスピーカーを紹介! テレワーク中に音楽を聴くスピーカーを探している人必見!この記事ではAnkerの安くて高音質なワイヤレススピーカー「Soundcore 3」のレビューをご紹介しています。コンパクトで小さなデスクでも気軽に使えます。この記事を読めば在宅ワーク環境におけるスピーカー選びのポイントがわかります。

②大人気ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」

ノイズキャンセルのあるイヤフォン

1万円強でノイズキャンセリング&外音取り込み機能がついた高コスパイヤフォン。

アマゾンでのワイヤレスイヤフォン部門で常に上位の人気もの。

機能だけでなく、低音から高音までしっかり出せるコスパの高い音質。

ファッション性の高いデザインもおすすめポイントです。

音響マニアでない限りはこれ買って損する人はいないでしょう!

あわせて読みたい
【レビュー】Ankerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」はテレワークには不向きだけどオススメする理由。 コストパフォーマンスの高い高音質なワイヤレスイヤフォンを探している人必見!この記事ではAnkerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」の実機レビューをしています。ぶっちゃけテレワークには不向きだと思っていますが、普段使いにはかなり愛用しているおすすめのイヤフォンです!この記事を読めば、正直なメリットとデメリットがわかります。

③65W2ポートの充電器「PowerPort III」

アンカーの充電器

65Wという高出力、USB-Cが2ポートというハイスペックに対して、Macbook Air純正の充電器(30W)並みのコンパクトさをもつ充電器です。

2ポートなので、MacBookとスマホを同時に急速充電可能。

コンセント部分は折りたためるので、持ち歩きにも便利です。

あわせて読みたい
クラムシェルモードなら65W充電器が必要!「Anker PowerPort III」のレビュー MacBookをクラムシェルモードで使用している人必見!この記事ではAnkeの65W充電器「PowerPort III」をレビューしています。実はUSBハブに電力を取られていることをご存知でしょうか?この記事を読めば最高のパフォーマンスに必要な電力供給環境を構築できます。

④WEB会議用USBマイク「PowerCast M300」

AnkerのUSBマイク

7,000円以下で購入できるWEB会議用のUSBマイク。

コンパクトでスタイリッシュ、シンプルな操作性の良さも魅力的。

iPhoneに付属しているEarpodsでWEB会議している人にはです。

WEB会議はカメラよりマイクにお金をかけた方がいいことを教えてくれた1品です。

あわせて読みたい
WEB会議におすすめ!AnkerのUSBマイク「PowerCast M300」のレビュー WEB会議用のUSBマイクを探している人必見!この記事ではAnkerの外付けマイク「PowerCast M300」をレビューしています。安くて高音質なので、初めてのマイクにおすすめ。この記事を読めば商品の概要やメリットとデメリットがわかります。

⑤スタンド型ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 10 Stand」

充電中のスマホ

スタンド式のワイヤレス充電器。

10Wの急速充電を2,500円程度で購入できる高コスパ商品。

スタンド式になっているので、通知のたびにスマホを持って確認必要がありません。

横向きにもできるので、動画を見ながらの単純作業の際にもおすすめです。

あわせて読みたい
【徹底比較】ワイヤレス充電器はスタンド型?フラット型? この記事ではワイヤレス充電器のスタンド型とフラット型を比較レビューしています。どちらの充電器が自分に合っているのか迷っていませんか?この記事を読めば、どちらがあなたにぴったりなのかわかります!

⑥8ポートUSBハブ「PowerExpand 8-in-1 USB-C PD」

USBハブで配線スッキリ

MacBookをモニターに繋いでクラムシェルモードで操作する時の愛用USBハブ。

USB-C、USB-A、HDMI、有線LAN、SDカードなど8つのポートで様々な拡張性を持たせてくれます。

MacBookへの電力供給も最大100Wとなっているので、PCの性能を落とさずに使用することができます。

あわせて読みたい
【レビュー】AnkerのUSBハブ「PowerExpand 8-in-1 USB-C PD」 MacBookをクラムシェルモードで使いたい人必見!この記事ではAnkerのUSBハブ「PowerExpand 8-in-1 USB-C PD」を実際にレビューしています。85Wの給電や4KのHDMI映像出力、イーサネット端子、SDスロットまで対応のコスパの高いおすすめアイテム。この商品があればホームオフィス環境の配線がスッキリするはずです!

Ankerさん、これからもよろしくです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回はコスパ大魔王Ankerのサポートの良さについて語っていきました。

製品に自信があるからこその長期保証と手厚いサポート対応にいつも感動と感謝ばかり。

これからもAnker製品を愛用していくことは間違いないでしょう!

※Ankerさんの回し者ではありません。笑

アンカーのサポートが神対応

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容