「ルンバ i2」のサイズや高さを解説!ソファーやベッドの下も掃除できる?

ソファーの下やカーペットも掃除できるロボット
ルンバi2の高さやサイズを解説!

お掃除ロボットの購入を検討しているけど、自宅のスペースやインテリア環境でも使えるのか不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな方のためにiRobotのお掃除ロボット「ルンバ i2」のサイズと高さを解説していきます。

  • 自宅の通路の幅でも使えるかな?
  • ソファの下やテーブル脚など、障害物が多いけど大丈夫?
  • カーペットのような段差があっても大丈夫?

このような疑問に、使用動画も交えてお答えできるような内容になっています!

※本記事はアイロボットのファンプログラムでルンバ i2をレンタルしてレビューしています。

あわせて読みたい
【開封レビュー】アイロボットのファンプログラムで「ルンバ i2」をレンタルしてみた お掃除ロボットのルンバをお試ししてみたい人必見!この記事ではアイロボットのファンプログラムでお借りした「ルンバ i2」の開封レビューをしています。人気ブランドルンバが3万円台で購入できる商品です。この記事を読めばスペックやセッティング方法などがわかります。
目次

ルンバ i2の大きさ(横幅)を解説!

充電中のルンバちゃん

34.2cmなので、人が通れるところは掃除できる

MacBook13インチ比較

大きさがわかりやすいように、MacBook Air 13インチと比較してみました。

ルンバの方が少し大きいですね。

とはいえ、人間の肩幅よりはコンパクトなので、人間が普通に出入りできるスペースならOKといった感じです。

ただし、物が多い場所に入り込むのは苦手そう

わざと三脚で邪魔してみた

いたずら心で、撮影用の三脚でルンバの行き先を邪魔してみました。

正面がバンパーのようになっているので、接触するとルートを変更してくれます。

「ぶつかったら逆方向」というわけではなく、「ぶつかった物の周囲に進めるところはないか?」とルートを探しているように見えます。

あっちこっちで衝突すると、迷子になってしまうようで、思考停止タイムがあります。

可愛らしくもありますが、ルンバを使う場合は、出来るだけ障害物のないようにする必要があります。

ルンバ i2の高さを解説!

高さは9.2cm

普通の箱ティッシュと比較

高さは9.2cmと箱ティッシュ2つ分よりも低いです。

10cm以上の高さがあれば、掃除が面倒なソファやベッドの下だってラクラクです。

ソファの下って掃除が面倒ですよね。

実際に我が家のソファの下を走ってもらいました。

脚にぶつかりながらも、かなり丁寧に走ってくれます。

ハンディ掃除機でもソファ下のスペースは手間がかかるので助かりますね。

充電ステーションがコンパクトだから、ソファ下に収納

ソファの下にルンバを設置
ソファをどけるとルンバ

ルンバi2の充電ステーションはゴミステーションがないので、とてもコンパクトです。

そのため、ソファの下に充電ステーションを設置すれば、掃除しない時は視界に入らないようにすることができます。

おしゃれなロボット掃除機とはいえ、掃除機が見えると部屋に生活感が出てしまうので、デッドスペースに隠せるのはありがたいですね。

段差を乗り越えられるの?

カーペットやちょっとした段差なら乗り越えてくれる

カーペットを走るルンバ

今度は段差についてお話ししていきます。

一般的なカーペットくらいなら普通に乗り越えて掃除をしてくれます。

ただ、薄っぺらいカーペットだと、巻き込んで少し苦労することもあるようです。

乗り上げやケーブル類の落とし物に要注意

スタンディングデスクの脚に乗り上げた

「ルンバ i2」には段差センサーがあり、段差があると、体を斜めにして乗り上げてくれる機能があります。

これによって多少の段差なら越えることができる反面、乗り上げた場所が悪いと戻れなくなる場合もあります。

デスク脚に乗り上げてテンパってるルンバ

デスク脚の先端が斜めになっていて乗りやすいこともあるのですが、このように登ったまま戻れず苦労していました。

しかも、足元に垂れていたオーディオケーブルを巻き込んで完全にテンパっているご様子。

段々と愛らしくもなってきましたが、出先でこのようになっていたら困りますので、ルンバが乗り上げそうな場所には障害物を置くなどして対策が必要かもしれませんね。

階段や玄関からの落下には要注意

ルンバ i2には段差センサーが搭載されていますが、階段や玄関への落下には十分注意が必要です。

実際、私が廊下の掃除をさせている時に、気づいたら玄関の段差から靴のあるフロアに落ちて戻れなくなっていました。

5cmくらいの段差で暗かったこともあるかもしれませんが、段差センサーは信用しすぎない方がいいかもしれません。

侵入禁止エリアにはヴァーチャルウォールを設置(別売り)

階段やペットエリアなど、ルンバに入って欲しくない場所には、ヴァーチャルウォールを設置するという方法もあります。

ヴァーチャルウォールにできること
  • 3mの見えない壁を作ることで、そこから先に入れないようにする
  • 設置した半径30cm以内にルンバが入れないようにする

障害物のようなものはカッコ悪いから置きたくないという人は購入してみてもいいかもしれませんね。

カーペット上、ベッド下を掃除できるのは嬉しい!

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は、iRobotのお掃除掃除機「ルンバ i2」の大きさや高さについて解説していきました。

「ソファやベッドの下も掃除できるの?」「カーペットや段差があっても大丈夫?」と心配だった方の参考になれば幸いです。

少し愛らしい欠点もありますが、できないことを知っていれば対策することもできますので、上手にお掃除ロボットを活用して、快適なライフスタイルを手に入れたいですね!

今回紹介したお掃除ロボットはこちら

あわせて読みたい
ルンバをお試しできる家電レンタル・サブスクサービス4選 ルンバの購入を迷っている人必見!この記事ではルンバをレンタルできるサブスクサービスを紹介しています。購入前にレンタルするメリット・デメリットも解説。ルンバを買って後悔する前に一度お試ししてみてはいかがでしょうか?
あわせて読みたい
ルンバの音はうるさい?動画で検証&SNSの口コミをまとめてみた この記事ではルンバの走行音について解説しています。お掃除ロボットが欲しいけど、音がうるさくないか心配で悩んでいませんか?そんな心配をお持ちの方に、実体験レビューだけでなく、動画やSNSでの口コミもまとめてご紹介。アパートやマンションでも大丈夫なお掃除ロボット選びをサポートします!
あわせて読みたい
3万円台と安い「ルンバ i2」を2ヶ月使ってわかったメリット&デメリット どのお掃除ロボットいいのか悩んでいる人に朗報!この記事ではルンバ i2のレビューをしています。3万円台で購入することのできる安いルンバ。エントリー機種として注目のモデルを実際に使ってみてわかったメリットとデメリットをご紹介します。
ソファーの下やカーペットも掃除できるロボット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次