ルンバをお試しできる家電レンタル・サブスクサービス6選

ルンバをお試しできるレンタルサービス

ルンバが家にあると便利って聞くけどウチもあると便利かな?

確かにほしいとは思うよね。でも高価な買い物だから、買っても環境に合わなかったらと思うと躊躇してしまうなあ。

テレ沼

それなら、家電がレンタルできるサービスで、お試ししてみてはどうでしょうか?

今回は、お掃除ロボットの定番「ルンバ」をお試しできる家電のレンタル・サブスクサービスをご紹介していきます。

初めての購入やどの機種がいいのかよくわからないという方の参考になれば幸いです。

サービスの紹介の後はルンバをお試しレンタルするメリットとデメリットも解説しています。

この記事の内容

ルンバをお試しできる家電レンタル・サブスクサービス6選

①Rentio(レンティオ)

ルンバのレンタルといえばレンティオ

ルンバのメーカーであるiRobot社が公式サブスクとして提携しているのが「Rentio(レンティオ)」です。

iシリーズ、jシリーズ、ブラーバまで15種類以上のお掃除ロボットをレンタルすることができます。

ルンバに限るとラインナップの多さと月額費用において最もお得に利用できるサービスと言えます。

RentioでのサブスクはAmazon経由でもっとお得になる

Amazonを経由してレンティオでルンバをサブスク利用すると、月額費用が安くなるだけでなく、実質1ヶ月無料で借りることができます。

最近iRobot社を買収したアマゾンが早速お得なサービスを展開してくれていますね。

※時期によって「サブスク」の選択肢が存在しない時があります。

②airRoom(エアルーム)

公式サイトはこちら

家具から家電まで月額550円からレンタルできるレンタル・サブスクサービスです。

レンタル後は返却・購入・交換から選べるので、商品が気に入ればそのまま購入することも可能です。

レンタルできるのは「ルンバ e5」

ルンバ e5の特徴
  • デュアルアクションブラシ搭載の3段階クリーニングシステムと吸引力
  • ゴミの多い場所は入念にお掃除
  • 洗えるダストボックス
  • 指定日時の清掃予約が可能
  • スマホで遠隔操作可能
  • 音声操作可能(Alexa・Google Assistant)
  • 段差回避機能
  • 自動ホーム帰還
airRoomでルンバをレンタルする場合の条件
  • 料金:月額3,850円
  • 期間:3ヶ月〜
  • 送料:配送エリア内なら無料
  • 買取:可能(定価-利用金額)
  • エリア:関東・東海・関西・福岡のみ
    ※詳細は公式サイトからご確認ください。

購入すると25,000円のモデル

③ゲオあれこれレンタル

公式サイトはこちら

レンタルショップで有名?なゲオが運営する家電に特化したレンタルサービスです。

イヤホンやヘッドフォンなどの音響家電からドライヤーや家庭用脱毛器などの美容家電まで幅広くお試しできます。

3泊4日の短期利用が可能な商品もあるので、一時的な利用だけでなく、本購入前のお試しとしての利用にもピッタリです。

レンタルできるのは2機種(ルンバ980とルンバe5)

ゲオあれこれレンタルでルンバをレンタルする場合の条件
  • 料金:5,980 円〜
  • 期間:7泊8日
  • 送料:基本往復無料(北海道、沖縄県は有料)
  • 買取:可能
  • エリア:日本全国

ルンバ980は楽天購入価格は50,000円以上

ルンバ 980の特徴
  • 家の中の環境を詳細にマッピングし学習
  • 床材に応じてクリーニングヘッドの高さを自動調整
  • 洗えるダストボックス
  • 指定日時の清掃予約が可能
  • スマホで遠隔操作可能
  • 音声操作可能(Alexa・Google Assistant)
  • 段差回避機能
  • 自動ホーム帰還
  • デュアルバーチャルウォール付き(侵入禁止エリア指定ガジェット)

ルンバe5の購入価格は25,000円

ルンバ e5の特徴
  • デュアルアクションブラシ搭載の3段階クリーニングシステムと吸引力
  • ゴミの多い場所は入念にお掃除
  • 洗えるダストボックス
  • 指定日時の清掃予約が可能
  • スマホで遠隔操作可能
  • 音声操作可能(Alexa・Google Assistant)
  • 段差回避機能
  • 自動ホーム帰還

④CLAS(クラス)

公式サイトはこちら

家具・家電・ベビー用品までレンタルできるサブスクサービスです。

おしゃれなWEBサイトを見るだけでも楽しくなるようなサービス、ワンランクアップしたライフスタイルを気軽にお試しすることができます。

長期でレンタルするほど、月額料金が安くなるので、一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

CLASでレンタルできるのは2機種(ルンバ641とルンバ671)

CLASでルンバをレンタルする場合の条件
  • 料金:2,970円〜(長く使うと安くなる)
  • 期間:1ヶ月〜
  • 送料:無料(返送料:3,300円/1点)
  • 買取:非対応
  • エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県

ルンバ641の購入価格は37,900円

ルンバ 980の特徴
  • 3つの清掃作業を同時に行う「3段階クリーニングシステム」
  • すみずみまでくまなく清掃する高速応答プロセス「iAdapt(アイアダプト)」を搭載
  • 清掃が終了すると自動で帰還する「自動充電」
  • ゴミの多い場所を感知する「ゴミセンサー」

ルンバ671の購入価格は43,780円

ルンバ 980の特徴
  • ゴミの多い場所は入念にお掃除
  • 洗えるダストボックス
  • 指定日時の清掃予約が可能
  • スマホで遠隔操作可能
  • 音声操作可能(Alexa・Google Assistant・Siri)
  • 段差回避機能
  • 自動ホーム帰還
  • デュアルバーチャルウォール付き(侵入禁止エリア指定ガジェット)

⑤DMM.comいろいろレンタル

公式サイトはこちら

家電や旅行用品・ブランドバッグなどのファッションアイテムまで4,100点以上を誇る国内最大級のレンタルサービスです。

名前の通り動画コンテンツで有名なDMM.comが運営しています。

豊富な品揃えだけでなく、往復送料無料なので、気軽にお試しすることができるのも特徴の一つです。

DMM.comいろいろレンタルは選べるルンバが豊富!

最新機種もレンタルできる!
DMM.comいろいろレンタルでルンバをレンタルする場合の条件
  • 料金:1,900円〜/6ヶ月
  • 期間:1ヶ月〜
  • 送料:無料
  • 買取:非対応
  • エリア:日本全国

「ルンバ i7」は119,800円の上位機種

「ルンバ i3」は79,800円の中級モデル

あわせて読みたい
ルンバi3とi2は何が違うの?両方使って比較してみた。 この記事ではルンバ i2とi3の違いを解説しています。カタログスペックの比較だけでなく、実際に2つの機種を使ったからこそわかるレビューもご紹介。ゴミステーションの必要性についてもご用意しています。

「ルンバ960」は47,000円のエントリーモデル

「ルンバ 671」の購入価格は43,780円

「ルンバ 641」の購入価格は37,900円

「ルンバ e5」の購入価格は25,000円

⑥モノカリ

モノカリはこちら

モノカリはカメラやパソコン、キッチン家電まで幅広い家電をレンタルできます。

「安く・早く・手軽」をコンセプトにしているので、「ちょっと今週借りたい!」というカジュアルな使い方が可能です。

モノカリの特徴
  • 全国送料無料
  • 1日だけのレンタルも可能
  • 受け取りはホテルや空港でも可能
  • 即日発送可能
  • 返却は郵便局かローソンで可能

モノカリではルンバ960がレンタルできる

通常購入価格:47,000円

モノカリでレンタルした時の価格など
  • 5,900円~/7日間
  • 期間:7日〜(1日100円で延長可能)
  • 送料・返送料無料
  • エリア:沖縄除く

ルンバを家電レンタル・サブスクサービスでお試しするメリット

①本当に必要なのかを見極められる

購入してから「必要なかったかも」「うちの環境には合わなかった」「使ってみたらメリットがあまり感じなかった」というのは家電購入のあるあるです。

そういった購入後のギャップを未然に防ぐことができるのは、家電レンタルサービスでお試しするメリットの一つです。

ルンバは、足元をルンバが通過できるようにものが少ないお部屋にする必要があったり、ルンバに吸わせたくないものがない状態をつくる必要があります。

そういったことがストレスになってしまうと、いずれ使わなくなってしまうことがありますので、お試しすることで、本当に我が家に必要なのかを見極めていきましょう。

②自分に本当に必要な機能(スペック)が理解できる

ルンバにはさまざまな機種があり、それぞれ価格帯に応じた機能やスペックがあります。

  • AIでモノを認識して避ける機能
  • 部屋をマッピングして効率的に掃除する機能
  • 静音性が高く、仕事中でも掃除を任せられる
  • ゴミを高頻度で捨てる必要がないゴミステーション搭載モデル
  • 水拭き機能搭載モデル

でも、どの機能が自分に必要なのかって購入前はイメージがつかないですよね。

レンタルサービスで一度ルンバをお試しすれば、自分にどの機能が必要なのかを明確にして、無駄にオーバースペックな機種を購入することを防ぐことができます。

③使わなくなってしまってもお財布が痛くない

万が一、ルンバが必要なくなってしまっても、レンタルサービスなら数日・数ヶ月分だけの出費で抑えることができます。

ルンバはエントリーモデルでも2~3万円程度するので、使わなくなってしまっては勿体無い出費になってしまいます。

「このモデルはイマイチだな」と思った時は、別のモデルのお試しに変更すれば、低コストで自分にピッタリのルンバを見極めることができますね。

ルンバを家電レンタル・サブスクサービスでお試しするデメリット

ルンバをレンタルするデメリット

①いい商品なら「最初から買っておけば良かった」と感じる時も

レンタル・サブスクサービスは、お試ししたルンバをそのまま買い取ることのできるサービスと買取はできないサービスがあります。

買取できるサービスだった場合でも、総額で見ると通常購入より少し割高になってしまいます。

そんな時は「最初から買ってけばよかったなー」と思うこともあるでしょう。

あくまでそれは結果論、失敗のリスクを最小限にできたと前向きに考えたいですね。

②返す時の手間や送料がかかる(場合がある)

家電のレンタル・サブスクサービスには、レンタル料以外にも送料や返送料が有料のものがありますので、レンタル前に必ず確認しておきましょう。

また、返送の際は自分で梱包や配送の手配をしなくてはいけない場合がありますので、その手間だけは覚悟が必要です。

購入したら梱包箱はすぐに捨てたい派の人は、箱が家にずっとあるのがストレスになるかもしれませんね。

③ラインナップには制限がある(旧モデルが多い)

家電レンタル・サブスクサービスでは、最新機種がラインナップされているケースが少なく、比較的型落ちモデル・エントリー向けモデルが多い傾向にあります。

また、1サービスでルンバは1機種しかなく、選択肢が少なく感じる場合もあります。

「ルンバというものはどんなものか?」「家にあると便利なのかな?」

そんなことを確認するためにお試しするのが良いかもしれませんね。

レンタル・サブスクで失敗しないルンバ購入を!

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は「ルンバを購入前にお試し」ということで、ルンバをレンタルするメリットとデメリット、ルンバをレンタルできるサブスクサービスをご紹介しました。

決して安い買い物ではないので、失敗しないお買い物をするためにも一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

この記事が「ルンバってあると便利かな?」「買っても使いこなせないかな?」とお悩みの方の参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
【レビュー】ルンバ i2を2ヶ月使ってわかったメリットとデメリット どのお掃除ロボットいいのか悩んでいる人に朗報!この記事ではルンバ i2のレビューをしています。3万円台で購入することのできる安い機種。エントリー機種として注目のモデルを実際に使ってみてわかったメリットとデメリットをご紹介します。
あわせて読みたい
ルンバの音はうるさい?動画で検証&SNSの口コミをまとめてみた この記事ではルンバの走行音について解説しています。お掃除ロボットが欲しいけど、音がうるさくないか心配で悩んでいませんか?そんな心配をお持ちの方に、実体験レビューだけでなく、動画やSNSでの口コミもまとめてご紹介。アパートやマンションでも大丈夫なお掃除ロボット選びをサポートします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容