【レビュー】ルンバ i2を2ヶ月使ってわかったメリットとデメリット

ルンバi2のレビュー
ルンバ i2のメリット・デメリット

お掃除ロボットの購入を考えているけど、安くて良いものはないかな?

人気のルンバから出たエントリー機「ルンバ i2」が気になっているけど、安いモデルってデメリットがありそうで怖いな。

テレ沼

今回はそんな方のために、iRobotのお掃除ロボット「Roomba i2」を2ヶ月使ってみてわかったメリットとデメリットを解説していきます!

めんどくさい毎日の掃除、ロボットに任せて時間を有効に活用したい!と考えているあなたの参考になれば幸いです。

※この記事はiRobotのファンプログラムに参加し、製品をお貸しをいただいておりますが、iRobotからの金銭をいただいての案件ではありませんのでご安心ください。

目次

ルンバ i2は3万円台で購入できるエントリー機

ルンバi2のサイズ
なぜかマックブックと比較

ルンバといえばお掃除ロボットの大定番ですが、今までのモデルは5万円以上するものが多く、購入には少し勇気のいるアイテムでした。

今回、iRobotから初めてのお掃除ロボットとしてエントリー機「ルンバ i2」が発売されました。

そのお値段なんと、39,800円!安い!

このお値段なら「ちょっと試してみようかな?」と気軽に購入することができ、万が一環境や生活に合わなくてもショックが少なくすみますね。

製品の特徴や大きさ・騒音問題・段差問題については過去の記事で紹介していますので、気になる方はご覧ください。

あわせて読みたい
【開封レビュー】アイロボットのファンプログラムで「ルンバ i2」をレンタルしてみた お掃除ロボットのルンバをお試ししてみたい人必見!この記事ではアイロボットのファンプログラムでお借りした「ルンバ i2」の開封レビューをしています。人気ブランドルンバが3万円台で購入できる商品です。この記事を読めばスペックやセッティング方法などがわかります。
あわせて読みたい
お掃除ロボット「ルンバ i2」はカーペットや段差があっても大丈夫かを徹底検証! この記事ではiRobotのお掃除ロボット「ルンバ i2」のサイズ感を解説しています。カーペットや段差があっても大丈夫?ソファやベッドの下も掃除できるの?といった疑問にお答えできる内容となっています。実際に使ってみてわかった「できること」「できないこと」を忖度なしにご紹介します。
あわせて読みたい
ルンバの音はうるさい?動画で検証&SNSの口コミをまとめてみた この記事ではルンバの走行音について解説しています。お掃除ロボットが欲しいけど、音がうるさくないか心配で悩んでいませんか?そんな心配をお持ちの方に、実体験レビューだけでなく、動画やSNSでの口コミもまとめてご紹介。アパートやマンションでも大丈夫なお掃除ロボット選びをサポートします!
あわせて読みたい
ルンバi2をスマホで操作!できること&できないことをまとめてみた この記事ではiRobotのスマホアプリで「操作できること&できないこと」を解説しています。ファンプログラムでレンタルしたルンバi2と連携させて、実際のスマホ画面で解説していきます。ルンバの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

使ってわかったルンバ i2の購入メリット

①毎日起きたら部屋がキレイって最高!

部屋は綺麗だと気持ちいい

ルンバ i2には、スケジューリング機能があります。

私はこの機能を使って「毎週月・水・金・日の7:00」に自動で掃除が開始されるように設定しています。

このおかげで、朝起きる7:30には掃除が完了した状態で1日を始めることができます。

リモートワークで平日は一日中家にいるので、床にゴミや髪の毛が溜まりやすくなります。

それでも綺麗な部屋で仕事を始められるのは、とても気持ちがいいものです。

②3万円台で掃除の手間を削減できる!

掃除って結構疲れる

ルンバ i2を使う前は、ハンディータイプのサイクロン掃除機を使用していました。

軽くてコードレス、吸引力もあるので便利ではあったのですが、「掃除をする」という行為自体がめんどくさく、1週間に一度も掃除機をかけていない時もありました。今思うと考えられません。

ルンバ i2を家に使うようになってからは、自動で掃除を開始してくれるので、掃除のモチベーションや時間を確保する必要がなくなりました。

休日の貴重な時間を掃除に使うのって結構勿体無いですよね。

③床にものを置かない習慣ができた

これって清潔の秘訣

お掃除ロボットを導入する時の注意点として、ロボットの障害物になるものを地面に置かないようにするということがあります。

一見これは手間・不便さに感じるかもしれませんが、床にものを置かないということが、部屋を綺麗に保つ秘訣であることを感じさせてくれました。

「明日は掃除の日だから、床に置いたものを片付けよう」と2日に1度寝る前に簡単な片付けをするようになったので、めんどくさい大掃除のようなイベントはここしばらくしていません。

ズボラ人間がロボットによって矯正された瞬間でした。笑

④ゴミステーションがないのでソファー下に隠せる

普段はソファーの下に隠れてる

ルンバ i2の充電ステーションには、本体からゴミを回収してくれる「ゴミステーション」がありません。

そのメリットもあり、充電ステーションをソファと床の死角に隠すことができます。

スタイリッシュなデザインとはいえ、使わない時は視界に入らない方がお部屋を有効活用できますよね。

ただ、2週間に1回程度で本体にあるゴミをゴミ箱に捨てる作業が発生しますので、それが嫌な人はゴミステーション付きの「ルンバ i3」などを購入しましょう。

使ってわかったルンバ i2の購入デメリット

①マッピング機能はないので効率は良くない

実際に部屋で走らせてみた

「ルンバ i2」は上位モデルに搭載されているような機能が削ぎ落とされています。

その機能の一つが「マッピング機能」。

この機能があれば、空間を認識して、効率よく掃除したり、部屋を指定してピンポイントで掃除することも可能です。

「ルンバ i2」は、この機能が搭載されていないため、ぶつかりながらひたすら部屋の中を往復します。

少しずつ方向を変えながら移動しているので、時間をかければ一通り掃除してくれるのですが、同じところを何度も掃除していたり、狭い場所で何度も壁に衝突していたりするので、効率は決してよくありません。

仕事や家事をしている横で稼働させて、短時間でサッと終わらせてほしいという方は、マッピング機能の搭載されたモデルを選ぶと良いでしょう。

②乗り上げや段差落ちに注意が必要

乗り上げたルンバ

ルンバ i2には階段などから落ちないようにするための段差認識機能があります。

ただし、必ず機能するというわけではありませんので注意が必要です。

朝起きたら、玄関の段差から落ちて戻れなくなっているのを発見したことがあります。

また、カーペット程度は難なく乗り越えてくれるのですが、デスクの足などに乗り上げて戻れなくなってしまったことも稀にあります。

ルンバに入って欲しくない場所には、あえて障害物を置いておくなどの対策は必要です。

③隅の細かいところまでは掃除できない

この画像は、ルンバが掃除を終えたあとに通知してくれるレポートです。

緑の部分が掃除をすることができたエリア、白い部分が掃除できなかった場所です。

※左の方の4つの白エリアはテーブルの脚です。

これを見ると、部屋の隅の方は掃除ができなかったということがわかります。

できるだけルンバが掃除しやすいように、障害物の少ない部屋作りが大切です。

ルンバ i2はお掃除ロボットデビューにはピッタリ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は「初めてのお掃除ロボットにおすすめのルンバ」ということで、ルンバのエントリー機として発売された「ルンバ i2」を使ってみた感想をご紹介しました。

今までにお掃除ロボットを体験したことのない人にはオススメできる「安いルンバ」。

いつも床に髪の毛や埃のない状態で生活したいという方は、一度購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ゴミステーションやマッピング機能がほしいという方は、i2ではなくi3などの上位機種を購入することをオススメします。

今回紹介したルンバはこちら

ルンバのお試しはレンタルサービスがおすすめ!

あわせて読みたい
ルンバをお試しできる家電レンタル・サブスクサービス4選 ルンバの購入を迷っている人必見!この記事ではルンバをレンタルできるサブスクサービスを紹介しています。購入前にレンタルするメリット・デメリットも解説。ルンバを買って後悔する前に一度お試ししてみてはいかがでしょうか?
ルンバi2のレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次